先輩キャバ嬢のヘルプについたときの注意点&マナー

人気が高い売れっ子キャバ嬢は、お客様からの指名がかぶることもあります。

指名がかぶると、他のキャバ嬢を“ヘルプ”として自分のお客様につかせ、本人は指名客の席をローテーションで回ります。

新人のキャバ嬢は、体験入店の日からヘルプに入ることがほとんどです。

キャバクラで上手に働いていくためにも、ヘルプについたときの注意点やマナーをきちんと知っておきましょう。

ヘルプの注意点やマナーをきちんと把握しよう
新人キャバ嬢はキャバクラの仕事に対し、「とにかく多くの指名をとらなきゃ」というイメージを持っているかもしれません。

しかし、新人のうちから指名を多くとれるキャバ嬢はほとんどいません。

先輩キャバ嬢のヘルプとして席につき、接客を学ぶのが一般的です。

ヘルプにつくときのお客様は、既に違うキャバ嬢を指名しています。

先輩キャバ嬢のお客様をとるような行為は、重大なマナー違反になるため注意しましょう。

また、何も知らないままに勝手な接客をすると、お客様に迷惑がかかることはもちろん、先輩キャバ嬢やお店に迷惑がかかる可能性もあります。

ヘルプにつくときには、自分の指名客以上に気をつかって接客をするよう心がけましょう。

先輩キャバ嬢の指名客を横取りするような行為は絶対NG!
ヘルプとしてついたお客様に対し、自分の名刺を渡したり連絡先の交換をしたりするのはNG。

もちろん、ベタベタとくっつきながらの接客をしたり、店外デートなどの約束をしたりするのも厳禁です。

他のキャバ嬢のお客様を奪うような行為はキャバクラでは御法度です!

トラブルが起きたり、お店での人間関係に影響を与える可能性があるため注意しましょう。

万が一、お客様のほうからしつこく連絡先を聞かれた場合には、指名をとっている先輩キャバ嬢に報告してお客様に釘をさしてもらうのがいいでしょう。

ヘルプについたときのNG行為とは?
ヘルプとして接客をしているときには、ドリンクをおねだりするのもNGです。

お客様が頼んでくれたときはいただいてもOKですが、「いただきます」「ごちそうさまでした」と言うことを忘れずに。

頼んでいただいたドリンクは、席を離れるときに必ず飲み干すようにしましょう。

また、指名のキャバ嬢と一緒にヘルプにつくケースもあります。

このようなときには、お酒を作ったり灰皿を交換したりするのも、ヘルプの重要な役割のひとつです。

お客様と先輩キャバ嬢の会話を妨げることがないよう、身の回りのことはヘルプが率先して行いましょう。

さらに、先輩キャバ嬢は、お客様といい関係性を築くために会話にフェイクを入れていることもあります。

そのため、お客様が指名しているキャバ嬢のことをあれこれと話しすぎるのも避けたいもの。

営業成績やプライバシーに関わることを教えてしまうのも、トラブルのもとなので避けましょう。

自分の指名客ではないからといって、ヘルプに入ったときにマナー違反や手抜きをするのはNGです。

指名をとれるわけではないヘルプの仕事ですが、マナーを守ってきちんと接客するよう心がけていれば、場内指名やお連れ様からの指名をもらえることもあります。

ヘルプのときこそ力を入れて接客をするようにしましょう◎

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *