女性のためのナイトワーク求人、キャバクラ・ガールズバーで働くならキャバクラウン!

キャバクラのヘアメイクはみんなどうしているの?バイトで働くキャバ嬢の常識とは

キャバ嬢と言えば身なりが派手なイメージを持つ方が多く、ヘアメイクにも気を遣わなければならないことをご存知の方もいらっしゃるでしょう。
基本は接客業であるということを念頭に、どのようなヘアメイクをするべきか紹介しましょう。

衣装やヘアメイクはきちんと整えてお客様の前に出ることが大事

キャバクラ嬢として働く上でまず何よりも大切なのは「見た目」です。
Tシャツとジーンズとサンダルでは決してキャバクラでの接客はできず、お客様が期待するようなキャバ嬢としてのヘアメイク・ファッションでお店に出なくてはなりません。

ヘアスタイルは店の専属スタイリストや提携美容院がある店もありますが、衣装に合ったスタイルに自分でセットする方もいます。

また、ドレスは新人のうちは、多少店でレンタルできることもありますが、自前になる場合がほとんどです。
男性受けする衣装やヘアメイクについてはこちらの記事でも紹介しています。
https://cabacrown.net/colum/eigyo_info/1245/

ヘアメイクの料金は一般的に自己負担です

キャバクラ嬢のヘアメイク代はお店と本人のどちらが支払うのでしょうか。
出勤の度にきれいに髪型をキメなければならないとなると、その費用もかなりのものになります。

華やかさが大切なキャバ嬢にとって、ヘアメイクをどうしていくかはとても重要なポイントです。
キャバクラ店にもよりますが、雇っている専属の美容師に毎回セットしてもらうというお店もあります。
また、最寄りの美容院と提携していて、そこで髪型を整えてくれる場合もあります。

ただし、そういったサービスも有料のものと無料のものに分かれます。
さらに有料サービスの中でも、割引が利くものとそうでないものもあります。

いずれにせよ、ヘアメイク代が全て無料で済む環境はなかなかありません。
ヘアメイクの出来はお客さんからの評判――つまりは売り上げにも直結してくる要素です。
だからこそプロに頼んで仕上げてもらうに越した事はありませんが、無理は禁物です。
そこまでの費用を捻出できないのであれば、自分でヘアメイクするという事も考えてみましょう。

お店で大事なイベントがある場合、できるだけプロのヘアメイクを依頼

通常の出勤とお客様の大切なイベントの時では考え方に違いがあること知っておくことが大切です。

キャバ嬢とは、「夜の蝶」です。
華やかに装ってこそ、その雰囲気を盛り上げることができます。

特にお客様の大事なイベントの時は、その心配りが大切になります。
服装だけではなく、メイクや髪型への気配りは特に重要です。
手先が器用で、いつもの出勤には自分でヘアメイクできる場合でも、お客様の誕生日イベントや大切な記念のイベントなどの時には、ぜひプロの手を頼ってください。

プロのセットは、自分でやった時のセットに比べて格段に違いがでます。
お客様の大事なイベントだからこそ、気配りをもって出勤することが大切なのです。

お店によっては近くに指定の美容院がある場合や専属ヘアメイクさんがいる場合がある

キャバ嬢のヘアスタイルは街で見かける普通の女性のヘアスタイルとは少し異なります。
ではキャバ嬢のヘアメイクはどこでできるのでしょうか?

キャバクラが近くの美容院と提携しているというケースです。
この場合キャバ嬢は入店前に美容院によってヘアメイクしてもらうことになります。

別のケースではキャバクラのお店に専属か出張のヘアメイクさんがいて、早めに入店してヘアメイクをしてもらうという場合です。
基本的にかかったヘアメイク代は給料から天引きされますが、専属のヘアメイクさんが居る場合は無料のこともあります。

メイク、ヘアメイクには特に気を遣って接客をしよう

キャバ嬢にとって最も大切なことのひとつが「身だしなみ」です。
やはり見た目がきれいで華やかな方がお客様からの人気も自然と高くなります。
独自に研究することを忘れず、そしてプロの力も頼りながら美しいキャバ嬢になってください。