女性のためのナイトワーク求人、キャバクラ・ガールズバーで働くならキャバクラウン!

キャバクラに体入する時は私服で接客するの?体入について詳しく教えます

キャバ嬢と言えばドレス姿ですが、体験入店の場合の服装はどうすればよいのでしょうか。
実際に体入に行ったときに恥ずかしくないようにしっかりと知識を身につけましょう。

衣装が提供される場合は衣装代が給料から引かれることもある

キャバクラで着る衣装は自前の場合と、店が用意する場合がありますが、どのように違うのでしょうか。
自前の場合は、自分で用意する費用が発生します。
一方で、キャバクラには店服(てんぷく)といって、無料で借りられたり、レンタルできる制度が整っているところがあります。
店服の場合は、基本的に無料ですが、レンタルの場合は有料の場合が多く、レンタル料は給料から天引きされるため事前に確認をしておくと安心です。

パンプスやサンダルは自分に合うサイズが無いこともあるので、自分のものを使う

衣装をすべて貸し出してくれるところは多いですが、靴の貸出はないところもあります。
また、貸し出してくれるパンプスやサンダルがあっても、自分のサイズに合う物がなければ使えません。
体入前にキャバクラの靴のスタイルをきちんと調べることが大切です。
どこのキャバクラへの体験入店であっても、自分のパンプスやサンダルを持参しておくと当日困ることがありません。また、どんなドレスにも合う黒やベージュなどがおすすめです。

ヘアセットは念入りにする

キャバクラでの体入の際はどんな髪型で行けばいいのでしょうか。
キャバ嬢にとっては身だしなみにとても大切です。

キャバクラの体入のときは、ヘアセットは念入りに行うといいでしょう。
最近のキャバクラでは、派手な髪形より、ゆる巻きやストレートが好まれています。
流行りの髪型もチェックしておきましょう。

また、面接の前に美容室でヘアセットをしてもらうのもおすすめです。
髪を染めるなら、派手な色はあまり良い印象を与えないこともあるので、ナチュラルブラウンなど落ち着いた色を選んでください。

キャバクラでは面接に受かると、即、体験入店というところも少なくありません。そのため、傷んだ髪のケアも事前にしておきましょう。

店によって求めている人材も違うので、不安なことがあれば、面接の電話をしたときに確認すると安心です。

お店でのマナーは教えてもらえるので、それに従ったマナーを心掛けること

キャバクラで働くことを考えた場合、マナーについてはどのように考えたらいいのでしょうか。
キャバクラにはその店ごとに決まっているマナーがあります。
その説明を受けた場合の対応について事前にチェックしておきましょう。

キャバクラに入った時には、一般的なマナーだけではなく、そのお店で決まっているマナーがあるものです。
通常考えられる挨拶などでも決まった言葉があったり、水割りの作り方、おしぼりの渡し方、たばこの火のつけ方なども決まっていることがあります。

体験入店であっても、お客様から見たら、あなたは立派にキャバクラ嬢です。
そのお店のマナーに沿わない場合は、お店に迷惑をかけてしまうことになりますので、しっかりとお店でのマナーをしっかりと確認しましょう。
その他接客時のマナーについては、こちらの記事でも紹介しています。
https://cabacrown.net/colum/work/1669/

体入するお店のルールやマナーを学ぶことが大切

衣装や靴などの身だしなみに関することから、お店独自で定められたルールやマナーなど、キャバクラでの決まり事はお店によってさまざま。
面接の際にしっかりと確認しておくことで、そのギャップを感じることなく体入できます。