女性のためのナイトワーク求人、キャバクラ・ガールズバーで働くならキャバクラウン!

キャバクラ求人の質問がある時は応募メールでどんな書き方をしたらいいのか

キャバクラ求人の応募方法で主流になってきているのが「メール」を使ったものです。
気軽に応募することができるメリットがある一方で、手書きの履歴書にはない注意点も多くあります。
ポイントを押さえて、スマートな応募文章を作成させましょう。

敬語で端的に伝えることに気を付ける

夜の世界は「可愛ければそれだけでよい」と思っていませんか。残念ながら実際はそうではありません。
一般的に、バイト応募メールを書くときに気をつけることは、「敬語を使うこと」、そして「端的に伝えること」になります。
親しい友人に送るメールのように、絵文字を使うなどはやめましょう。
一目で分かる件名をつけることや、文章を適度に改行するなど見やすくするのもポイントです。

もちろん、キャバクラの応募メールも同様です。夜の世界は、マナーが非常に大切です。
一つの失言で、お客様の気分を損ないかねませんから、女の子同士のやり取りにも、気を配る必要があります。
そのため、お店側も正しい敬語やマナーについて応募時のメールでもチェックをしています。

キャバクラの応募、質問メールといっても、一般的な企業に対するものと同じ様にビジネスです。キャバクラの応募メールや質問メールでも職場がたまたまた「キャバクラ」ということだけであり、就職についてのメールは通常の会社に出すことと差がないということを理解しておきましょう。

間違っても、ギャル語などを使わないように気をつけてください。とはいえ、難しい敬語を使う必要はありません。
チェックすることは
・若い人にだけ通じるような言葉が入っていないか
・目上の人に出すメールとして失礼ではないか
ということです。

上記を踏まえて文章を書きましょう。

タイトルに気を付けて、要件がわかるようにする

では、実際にキャバクラへ質問がある場合、応募メールにはどのような件名で返したらいいのでしょうか。

先にもあげたように、採用担当者は、日々沢山のメールを受信しています。
そのため、件名を見て、そのメールが返信しなくてはいけないものか、後回しにしていいのかを判断しています。
そのため、質問がある場合は、メールの件名に「●●の質問について」など、はっきりとわかる言葉をつけることが大切です。

キャバクラ店への応募も、通常のビジネスメールと同様の気遣いが必要です。
質問以外の際も、件名でメールの要件がわかるようにするなど、採用担当者のことを考えたメールを送るようにしましょう。
心遣いができる方ならば、面接に進める可能性がぐっと増えてきます。

簡潔な文章で必要最小限の言葉にする

キャバクラのお仕事をしてみたいと考えて応募メールに対して質問を送る際、簡潔な文章とすることを心がけることも大切です。
必要な内容を伝えることはもちろん大切ですが、脈絡のないわかりにくい文章とならないように気をつけましょう。

特に質問がある場合は、一つの文章に複数の質問内容を記載するとわかりにくくなります。
複数の質問がある場合には、箇条書きにする等、簡潔な文章になるように心がけてください。
メールを書く際は、一つの文には一つの意味という意味の
「一文一義(いちぶんいちぎ)」
ということを念頭におくとよいでしょう。

最後に質問が重複していないか、無駄な質問がないかなどをチェックして送信しましょう。

読む人が社会経験豊富な大人であるという認識を持とう

メールの送信相手は家族や友達といった、フランクな関係ではありません。
働くということを簡単に考えていると思われてしまうような文章作りは控え、社会人らしい内容にすることに努めてメール文章を書きましょう。