女性のためのナイトワーク求人、キャバクラ・ガールズバーで働くならキャバクラウン!

キャバクラやナイトワークの面接にふさわしい服装を教えます

キャバクラなどの面接で、いきなりドレスで行こうとしていませんか。
煌びやかな衣装のキャバクラの仕事とは言え、仕事の「面接」には違いありません。
ふさわしい服装で臨むようにしましょう。

面接にふさわしい服装

キャバクラの面接にも、ふさわしい服装や身だしなみがあります。面接時に好印象を与えることはとても重要です。女性らしさをアピールするため、清潔感のある格好をしましょう。

店内ではドレスを着用するので、面接官がイメージしやすいものがいいでしょう。
パンツスタイルではなく、スカートで行くのがポイントです。ヒールなど、好印象を与えるようなのでおすすめです。ジャージ、スウェットのような服装は、特にNG。
できるだけ好印象を与えるよう、清潔感を大切にし、身だしなみを整えて、面接に備えましょう。

痛んだ髪の毛は悪印象

キャバクラは、お客様に自分を見せる仕事であります。そのため、身だしなみ、特に服装も髪もメイクも気を使うことが大切です。
髪の毛についてはだらしないという印象を持たれないことが重要です。そのためには、ヘアカラーやパーマで傷んだ髪では悪い印象を持たれてしまいます。派手すぎる金髪もいい印象は持たれません。
また、髪を染めている人で、髪の生え際が伸びた、いわゆる「プリン」になっている場合は注意が必要です。鏡で細かく髪の状態を確認しておきましょう。

厚化粧はNG。ナチュラルメイクが好まれる

キャバクラの面接では、どのようなメイクがよいのでしょうか。
面接の際は、基本的にはナチュラルメイクがおすすめです。もちろん、実際に働きだしたら、メイクはある程度濃いメイクをしますが、面接ではお客さんに会うことはないため、ナチュラルメイクに一歩加えたくらいで、面接に臨みましょう。

自分でメイクしていると濃くなりすぎる人やメイクに自信がない方もいますが、その場合はサロンでメイクしてもらったり、デパートなどの化粧品売り場でマスカラなどを一品買って担当部員に化粧してもらうのもよいでしょう。
素顔が全く想像できないような派手過ぎるメイクにはならないように気をつけてください。

美意識の高さをアピールする

キャバクラでは、かわいい女の子やきれいな女の子が人気です。店側も、なるべく自分自身がきれいに見えるように努力をする子を採用したいと考えます。
キャバクラでの面接を受ける際、一番に見られるのはやはり外見です。
しかし、外見と言っても、美人やかわいいといった事だけを見ている訳ではありません。
常に身だしなみを整えようといった美意識の高さは、キャバクラ嬢にとってとても大事な要素です。
あなたが常にきれいを意識する女の子かどうかをチェックされていることを忘れずに、面接を受けましょう。

足元にも注意しよう

最後に重要なのは、足元です。おしゃれは足元からという言葉があるように、靴や足の爪などは意外にもチェックされています。ヒールのかかとが潰れていたり、つま先がすり減って痛んでいるようなパンプスはNGです。また、サンダルの場合は、足の爪やかかとにも注意が必要です。もし面接時までにお手入れが間に合わないようでしたら、サンダルを選ばずパンプスで面接を受けると目立ちません。
夜の仕事であっても、仕事をさせていただくという意識を持って面接に行くことが重要です。他にも応募している女の子がいることを忘れずに、服装を選んで面接を受けましょう。