女性のためのナイトワーク求人、キャバクラ・ガールズバーで働くならキャバクラウン!

キャバクラの求人に電話で問い合わせをするときに知っておきたいマナーとは

キャバクラの求人でよい情報を見つけて電話で問い合わせするときに気を付けるべきことがあると知っていますか。
求人の問い合わせをする時に気をつけるべき事として言葉遣いはもちろんのこと、実はそれ以上に大切なことがあります。

相手が忙しいと認識して連絡する

キャバクラなどのナイトワークは、営業時間は無制限ではありません。
風営法という法律や各都道府県や各地の条例によって営業時間が定められており、違反すると罰金や営業停止などの罰があります。
限られた時間内で、いかに多くのお客様に満足して頂けるか、という視点でキャストやスタッフ、経営者は動いている事を忘れないようにして電話をかけるようにしましょう。

電話をする際はすぐにメモが取れるようにしておく

メールでのやり取りは、面接の日時や持ち物などが履歴として残こります。しかし電話で連絡をする際は、それらについて自分できちんと記録しておくことが必要になります。
そのため電話をする際は、すぐにメモが取れるよう準備をしておきましょう。
また、電話口でメモを取ったら、最後にメモを復唱することも大切なポイントの一つです。
採用担当者にしっかりしている、就職する気が本気であるということをアピールすることもできます。
さらにメモを復唱することで、メモがとれていない点や間違っていた点も訂正できます。
メールでの連絡に慣れている人は、これらのことに意外にも気がつかないことが多いので電話での連絡の際によく注意してください。

普段の話し方をせずに、きちんと敬語を使う

いつも使っている言葉で電話をするのはおすすめできません。キャバクラだからといって、くだけた話し方や友達と話すような話し方はしないように注意しましょう。

お客様の中には友達に対するような砕けた話し方を好かれる方もいらっしゃいますが、きちんとした敬語が使える話し方は接客業の基本です。

電話の際、きちんとした敬語が使えることが採用担当者にわかれば、それだけ好感となり、働いてからもスムーズにどんなお客様にも対応できるということが伝わります。
普段から敬語が慣れていない場合は、電話をかける前に練習をしておくと安心です。

電話では用件を早めに伝える

電話をする際、電話を取った方が今電話対応できる状態なのかどうかを確認することが大切です。
メールでの連絡と違い、電話は相手にとっては飛び込みではいってくるものです。
まずは「求人を見て電話をしました。今、お時間よろしいでしょうか?」と確認してください。

採用担当者は忙しい時間を割いて、応募や問い合わせの電話に対応してくれています。先方が対応できると答えたところで、時間がたくさんあると判断してはいけません。
どんな要件でかけているのか、聞きたいことは何なのかを確実に伝えることが大切です。
これらのような電話マナーができる女の子は好感が持たれ、面接に進む可能性も高くなります。

電話の相手のことを考えて架電することが大切

電話での問い合わせは、少し緊張するかもしれません。しかし、「先方が忙しくないか(今電話応対してもらえるか)の確認」、そして「聞きたいことを簡潔にまとめておく準備をする」などを意識しておくと実際電話をしても慌てることはありません。
小さな思いやりがキャバクラの世界でとても大事とされています。電話の際は相手の気持ちに立つ、ということを考えて行動してみてください。