女性のためのナイトワーク求人、キャバクラ・ガールズバーで働くならキャバクラウン!

キャバクラのバイト求人ではどのような志望動機が有利になるのか

キャバクラで働いてみたいけど志望動機をどう伝えたらいいかと、悩んでいる方はいませんか。明確な志望動機がない方も実際に多くいます。
そんな時に役立てていただきたい、「有利な志望動機」についてお話しします。

学費など勉強に使うお金が欲しいことを動機とする

好印象を与える例としてあげられるのが「学費のため」といった勉強に使うお金を稼ぎたいことを動機にすることです。

基本的に店側も志望動機がお金であると言うことは承知しているます。
その目的として、学費など勉学のためというのは「必要なお金は自分で稼ぐ気持ちがある」ということにつながります。ただ漠然とお金が欲しいからでは、「嫌なことがあればすぐに辞めてしまいそう」「頑張る意欲がなさそう」という印象を与えてしまいがちです。
勉学のためという目標に対して稼ぎたいという理由があれば、働く意欲があると見てもらえます。実際にはなぜそのお金を稼ぐ必要があるのかについても触れることができればなお具体的な内容となります。

返済がある場合は、きちんと伝える

何らかの返済がある場合は、そのことを素直に伝えることも場合によっては好印象になります。返済がある場合は、単に「お金が欲しい」というだけの動機よりも「どうしてもお金が必要」となるため仕事への意欲が伝わります。仕事に対する真剣度があると思われるため、仕事に就く可能性が増えます。

返済の例としては、「奨学金を返すため」というのも交換のもたれる志望動機の一つです。
しかし、奨学金返済がないのに奨学金返済のためという理由を志望動機にするのはよくありません。あくまで嘘をつかずに志望動機を伝えられるよう準備をしておきましょう。

親への仕送り

地方から出てきている人ならば、親への仕送りという動機もお店に好感をもたれます。キャバクラは時給がよいため、一度挑戦してみようと考えたことがある方は多くいます。

時給が高いのはキャバクラの利点なので「手っ取り早くお金を稼ぎたい」「時給が高いから」と正直に答えるのも問題はありません。

しかし、大事なのは何故お金が必要なのかということです。店側もすぐに辞められては困るため、仕事が大変でも続けられる理由があるのかを知りたいと考えるのは至極当然です。
そのため、先にもあげたように学費のためだったり、生活費や資金を貯金するため等、明確な理由があれば望ましいでしょう。

親孝行な女の子に悪い印象は抱きません。そういった事情がある場合はどんどんアピールしてください。

「なんとなく」という言葉は使わないようにする

キャバクラやナイトワークの面接で大事なポイントには人当たりのよさ、お酒が飲めるかどうかというものがあります。
しかし、1番大切なのは、やる気です。

面接時の対応で、「なんとなく」という回答をする女の子を雇った場合、お客様の前でもそのような対応をする可能性が考えられます。
お客様とちゃんと会話ができるかも面接ではみられているので、あいまいな答えをしないように注意しましょう。

志望動機を明確に伝えられるよう準備しておく

中にはキャバクラの面接で最も大切な志望理由がなかなか思いつかない方も多いでしょう。
そんな時はお金が欲しい理由を明確にすることによりおのずと見えてきます。難しく考える必要はありません。具体的な動機があれば採用率はぐっと高くなりますから、事前準備をしておきましょう。