女性のためのナイトワーク求人、キャバクラ・ガールズバーで働くならキャバクラウン!

キャバクラ求人で不採用になる理由とは。面接に通る秘訣を教えます

「キャバクラの面接に行ったのに不採用になってしまった!」そんな苦い経験をしてしまった方でも、実はコツをつかんでそれを実践すれば採用率が上がります。
その方法を伝授いたしましょう。

不採用になるのはキャバクラ業界ではけっこう多い

面接で落とされて自信をなくしていませんか?ところが、結果として不採用になる方も多いのがキャバクラ業界です。
キャバクラでは男性受けのよい服装、笑顔、体形が求められ求められます。
次に、どれだけ働けるか、そのお店(会社)の雰囲気に合っているかなども見られます。

しかし、断られたからと言って自信をなくすことはありません。
採用のタイミングや店の雰囲気にあまり合わなかったということも多くあります。
違うお店の面接では採用されることもよくあること。
数回挑戦して採用されなかったからといって気にぜす失敗を活かして次に向けて頑張りましょう。

無茶な希望を言うと「厳しい条件を言って来る子だ」という印象を与え採用されにくい

キャバクラの面接では待遇面の希望条件など色々な質問を受けます。
これらについては慎重に答えましょう。

余りに実態と合わない希望時給を出すと、良い印象は持たれません。
その結果、不採用になる原因にもなりかねないので細心の注意が必要です。
希望時給に関しては、そのお店や周辺のお店の相場をあらかじめ調べておきましょう。
もしそのお店の時給に不満なら、もっと高級なお店に行くか、あるいはそのお店で週に入る日数を増やし補うことを考えればいいのです。

「お店のコンセプトに合っているか」も極めて重要。例えば高級店にロリ顔の女の子が行くのは馴染まない

キャバ嬢の面接で不採用となるケースとして、先にもあげたように

・容姿の問題
・時給など待遇面での不一致
・お店のコンセプト(カラー)の不一致

などがあります。
このお店のコンセプトですが、例えば大人しい感じの高級店にギャル系やロリ顔の女性は似合いません。
逆ににぎやかなキャピキャピの感じのお店に真面目で大人しそうな女性は似合わないのも同じです。
残念ながら、お店の雰囲気に馴染まない女性は必然的に採用されません。
受験で合格するために勉強するように、面接で採用されるよう予備知識を持っている方が有利であることは間違いないでしょう。

タトゥー・リストカットなどは好まれない

タトゥーはファッション性もあるので近年の若い人は気軽に入れる方も多くなりました。
しかし容姿の中で、タトゥー、リストカットなどが手足の見える位置にある場合は不採用になる場合があります。
タトゥーなどはファッションの一部とみなされ、ホストやキャバクラでは比較的受け入れやすいのですが、マイナス評価を受けること可能性は高くなります。
キャバ嬢は接客サービスなので容姿、しぐさ、態度が大事です。
最近はクリニックでタトゥーなどを消すこともできます。

働きたいお店があるのなら、見た目や仕草作りの意識から始めて

どうしてもここで働きたいという具体的なお店があるのであれば、そのお店のコンセプトやカラーをしっかりと把握することが大切です。
そして、面接までにお店に馴染むようにすることが採用の大きな近道となります。
どうしても自分を変えたくないという方は、あなたのカラーで雇ってもらえるお店を探すこともおすすめです。あなたにあったキャバクラ店で楽しく仕事ができるよう、体験入店をしながら探してください。