女性のためのナイトワーク求人、キャバクラ・ガールズバーで働くならキャバクラウン!

キャバクラでオープニングスタッフとして働くメリットデメリットとは

キャバクラで働いたことがない方が、いきなり超人気店に在籍するというのは、やはりハードルが高いと感じてしまいます。
せっかくこれからキャバ嬢としてデビューしようと考えているのであれば、オープニングスタッフがおすすめです。
判断材料をご自身で調達し、納得のいくスタートを切ってください。

通常のキャバクラ募集よりも採用人数枠が大きいため、採用率が非常に高く未経験者でも採用されやすいキャバ嬢の募集ではどうしたら面接に受かりやすくなるかご存知ですか。
面接が苦手でも大事なポイントを4つおさえることで事前に対策ができます。
見た目も中身も万全に準備して、店長に好印象を持ってもらえるようぜひチェックしてください。

オープニング募集の場合、お店はとにかくキャバ嬢をたくさん集めなければなりません。
通常のキャバクラ店の募集と比べても採用人数枠が大きく、また採用率もぐんと高くなっています。

キャバクラ面接で採用されやすくなる方法

キャバクラ面接で採用されやすくなる方法として、面接のときにどんな所を見られるか知っておくことは重要です。
おさえるべきポイントは、

・容姿や勤務態度といった基本スペックはどうか
・ポジティブでお客様をひきつける性格か
・お客様の指名を増やせる営業力があるか
・キャバクラを始める目的やきっかけは何か

の4項目となります。メイクはギャル系よりは、ほろ酔い風のかわいい女の子メイクの方が好感を持たれやすいため、意識してみてください。

服装はスカートがミニでありながらもシフォン系のふんわりした女の子らしいものを選びましょう。

みんな同期なので複雑な人間関係がなく、ゼロから関係を作っていける。

派閥争いなども無いキャバクラに限らず、どんな職場にも先輩や上司という存在がつきものです。
しかし、オープニングで働くお店の場合、周りはほとんど同期ばかりということが何よりの魅力です。
そのため、人間関係でストレスを抱えるのが嫌な方はオープニングスタッフとして働くことをおすすめします。では、オープニングスタッフとして働くメリットを紹介しましょう。

①みんな一斉にスタート
最大のメリットであることは間違いありません。
スタートラインが同じなので、全員が同期です。そのため上下関係が生じる面倒な人間関係がほとんどありません。

②好条件が多い
キャバクラ店にとって、お店のオープンで失敗することはできません。そのため、1人でも良い女の子を採用したいと考えています。

では、具体的に好条件とは何かというと・・・

・普段よりも少しだけ時給が高くなる
・出勤日数が少なくても合格しやすい
・休みの希望が出しやすい

といったことがあげられます。

ルールやマニュアルが確立していないため、最初のうちはトラブルが発生する場合もあるゼロからのスタートするため、想定外のトラブルが起こるかもしれないということを忘れないようにしましょう。

キャバクラのオープニングスタッフの募集は比較的労働条件がよいものが多く、勤務形態や給与面、残業無しなど、すでに稼動している店舗で働くよりも好条件を提示している求人が多くあります。

オープニングスタッフと言うことは、みんな同じ労働条件で同じラインからのスタートとは言え、働いていくとデメリットに感じることが出てくることもあります。

・実力の差が出る
スタートラインが同じだからこそ、どうしても発生するのが実力の差です。
仕事をし続けることではっきりと差が出始めてしまいます。

・マニュアルがしっかりと確立されていない状態である
ルールやマニュアルがしっかり確立していない場合には、聞いた聞いていない、知らなかった分からないなどトラブルが発生する場合もあります。

オープニングだからこその魅力、それゆえの問題点。

オープニングスタッフは大きなメリットがある反面デメリットも理解しておきましょう。また、わからないことや不安な点は面接時にしっかりと聞いておくことも大切です。