女性のためのナイトワーク求人、キャバクラ・ガールズバーで働くならキャバクラウン!

指名を多く取るためのキャバクラやナイトワークの接客方法とは

キャバクラでキャバ嬢として働くにあたって大切なことのひとつは、「お客様からの指名をひとつでも多く取る」ということです。
せっかく高い時給をもらえる仕事でありながら、指名が少ないというのはお給料に結びつかないので残念な結果となります。
また、指名がないということはお客様を接客する機会そのものも減ってしまうため、キャバ嬢としてのスキルアップもできません。
しかし、指名を多く取るためのキャバクラやナイトワークの接客方法にはコツがあり、そのコツをつかむことがより多くの指名につながる近道になります。

キャバ嬢の主な仕事内容は

1.水割りなどをつくって提供する
2.お客様と会話をする
3.アフター、同伴などの営業活動

この3点です。
このうち、他のキャバ嬢と差をつけやすいのは2と3になります。
1は水割りをつくる上でウィスキーなどは規定の量があるので一度覚えてしまえば個人差を出すのが難しくなります。キャバ嬢としての個性を発揮し、指名につなげやすいのはお客様とコミュニケーションをとる必要がある接客になります。
お客様の心理として、指名したいキャバ嬢は総じて「楽しい時間を過ごすことができる女の子」です。
そのためお客様に気持ちよく帰ってもらうためには、トークスキルやコミュニケーション能力を身につけることが大切になります。

気に入ってもらうための会話術

どのキャバクラでもナンバーワンキャバ嬢の特徴は、「会話が上手」という点です。
会話が上手な方の特徴は、相手の話をしっかりと聞くことができることです。ただ話すことが上手なだけでは、お客様は会話を楽しむことができません。相手の話をじっくり聞いて受け答えをするのが本当の話し上手といます。
また、学歴や職業、さらにコンプレックスなど、相手にとって話したくない可能性がある話題についてはキャバ嬢からの言及はしないことも大切です。
お客様と他愛無い会話をする中で「苦手なもの」を注意深く読み解きましょう。
そして、苦手な話題を見つけたら別の話にさりげなく変えることでお客様はあなたとの会話に心地よさを感じます。

店外でもコミュニケーションを取ろう

キャバ嬢の仕事は店内だけとは限りません。
お客様の要望により同伴やアフターでお店の外でお客様と一緒に過ごすケースもあります。
前者は出勤前に食事などの軽いデートを楽しんでお店に一緒に来店すること、後者は退勤後に軽くお酒や食事などに行くことです。
どちらもお店の外で会うため、キャバクラでは話せないような会話ができることを魅力に感じるお客様が多くいます。
同伴やアフターはキャバ嬢からお誘いする場合が多いので、ここでもトークスキルやコミュニケーション能力が必要です。
また、来店してもらうために電話やメール、LINEなどで連絡を取り合うということも大切な仕事のひとつです。お客様の気持ちに立ってスマートで気軽な誘い方を習得してください。

指名につながりやすい接客スキルとは

接客を多くとれるキャバ嬢の特徴は、「コミュニケーション能力が高く話術に優れ、誘い方が自然でいやらしくない」ということがあげられます。
指名がほしいがあまり、相手の気持ちや感情を考えないキャバ嬢はあまり好まれません。
また、あまりにしたたかなのも男性に見抜かれてしまうことがあるので、指名にはつながりにくくなります。
女性らしさを忘れずに、程よい距離感でお客様を接客するように心がけましょう。