女性のためのナイトワーク求人、キャバクラ・ガールズバーで働くならキャバクラウン!

キャバクラの仕事をする前に知っておきたい、キャバクラのシステムとは

あなたはキャバクラの仕事は具体的にどのようなことをするかご存知ですか?

テレビドラマやドキュメンタリーなどのメディアで目にしたことがあるという方もいらっしゃれば、身近なお友達などが実際にキャバ嬢として働いているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかしご自身が働くのであればそのような間接的な見聞きではなく、仕事内容やシステムについて知っておく必要があります。
ここでは基本的な仕事に関する知識をご説明します。

キャバクラの仕事内容とは

キャバ嬢の仕事のシステムは大きく分けて3つあります。

・お客様にお酒を提供する
大切なポイントは、「キャバ嬢自身がお酒を作ってお客様に出す」ことです。
ロック、水割り、お湯割り、ストレートといった内容だけでなく、それらを作る際常連のお客様であれば好みの分量で作ると喜ばれます。
これらは何度か作ることで自然に身につくものなので、それほど身構える必要はありません。

・お客様と会話をする
重要な接客のひとつ、それは「会話」です。
お客様の好みに合わせてトーク内容を変えなければならないため、必要最低限の話術は必要になります。また、時事問題などにも詳しくいられるように、新聞やニュースを常日頃チェックすることも大切です。お酒の席ということで中にはいわゆる「下ネタ」を好むお客様も少なくありません。その際も引き気味な対応をせず、その場が盛り上げる接客を意識しましょう。

・お客様に営業をする
いわゆるアフターや同伴など、店外でお客様と会う行為や来店してもらえるように電話やメールなどをすることです。
地道な仕事ですが、お客様に指名してもらうための大切な営業になります。

どんな女の子が働いているのか

キャバクラによって在籍する女の子(キャバ嬢)は多種多様です。
たとえば大学生のみ、20代専門、30代以降限定、など年齢で分けられることもあります。
ちなみに、働くことができる年齢は、風営法により満18歳以上です。
女の子の働く目的はさまざまで、

・手っ取り早くお金を稼ぎたい

・学費や生活費のため

・トークスキルを身につけたい

といったものがあります。
また、ドレスを着て派手なヘアーセットやメイクをするということから、華やかな世界であるということも女の子にとって憧れになるケースがあります。
他には副業として働いている女の子も多く、働く理由や考え方もさまざまです。

どんなお客様が来店する?

キャバクラにはさまざまなお客様がいらっしゃいます。
会社員や役員、経営者や弁護士や医師や芸能人など多種多様な職業のお客様が来店し、中でも芸能人は、大御所から新人タレントもいます。キャバ嬢の中には芸能人と接点を持ちたいという理由で働いている方もいます。

収入を良くするためにはコミュニケーション上手になろう

せっかく高収入がシステム化されたキャバクラで働くのだから、効率よく収入を上げたいと考える方は多くいるでしょう。
その一番の近道は、「コミュニケーション上手になる」ということです。
お客様はおいしいお酒と、女の子との会話を楽しむために来店するため、一方的に話をするだけではなく、相手の話を聞いて次の話につなげることで楽しい会話が成立します。また次もお店に来たいと感じてもらえるよう、お客様一人ひとりと「会話をする」ということを心がけることが大切になります。

収入アップにつながる気配りの使い方についてはこちらの記事もご覧ください。

キャバ嬢としてスキルを磨こう

キャバ嬢の仕事内容のシステムや基本を知り、キャバ嬢として大切なことを忘れないということが働くうえで一番重要です。
誰でも最初は初心者、いろいろなお客様と出会うことでスキルは磨かれていくものです。
いつまでも初心を忘れずにお客様に楽しい時間を過ごしてもらうということを念頭に置いて頑張ってください。