女性のためのナイトワーク求人、キャバクラ・ガールズバーで働くならキャバクラウン!

面接ウケ◎ キャバ嬢のための面接時の服装選び講座

面接ウケ◎ キャバ嬢のための面接時の服装選び講座
 
キャバクラの面接では合否だけでなく、時給や勤務条件も決められることがあります。
そのため、面接時の印象はとても重要なものです。少しでも印象をアップさせるためにも、面接時には服装に気をつかっていきましょう。
今回は、「キャバクラの面接時に印象をアップさせるウケがいい服装」についてご紹介いたします。

キャバクラの面接では「ここ」を見ている!?

 
キャバクラの面接において、面接官は「うちの店でやっていけるか」という点を見ています。それは面接での受け答えだけでなく、服装なども含め総合的に判断するものです。
しっかりとした受け答えができていても、お店の雰囲気にあっていなければ採用してもらえません。キャバクラの面接に来ているのに、スーツや普段着などを着て行くのはNG。
女性らしく上品で可愛らしくも見え、高級感が漂うような服装を心がけることが大切です。

キャバクラ面接の服はデートを意識して選ぶル

 

キャバクラの面接に最適な服装は、ワンピースやミニスカートなど女性らしさを感じさせる服装です。キャバクラだからといって大きな露出やセクシーさのアピールは必要ありませんが、スタイルのよさはアピールポイントになるので、胸元を強調できるデザインを選んだり、ミニ丈のスカートで足を強調するなど、自慢の部分は見せましょう。
現在のキャバ嬢ドレスはミニ丈のデザインが主流なので、面接官も採用後の姿を想像しやすくなります。
素材はシフォンなど、やわらかいものがキャバクラの衣装に近いのでおすすめです。
靴はぺたんこ靴やミュールよりも、パンプスやストラップのあるサンダルなど、ヒールがありきちんとかかとが靴に固定されるもののほうがキレイに見えます。

ヘアメイクはしていったほうがいい

 
キャバクラ嬢とヘアセットは切っても切れない仲といっても過言ではありません。
面接時は印象が重要なので、ヘアメイクはサロンでやってもらったほうがいいのですが、難しい場合はできるだけ華やかに見えるヘアアレンジで行くようにしましょう。また、服と合うヘアスタイルで行くことも大切です。
襟がある服装の場合は髪の毛を下ろすと重たく見えるのでハーフアップにしたり、デコルテが開いたデザインではソックスカールやトップにボリュームを出したポニーテールなど、華やかかつすっきり見えるスタイルがおすすめです。

メイクはナチュラルよりはやや濃いめがおすすめ

 
服装はデートを意識することが大切ですが、メイクはキャバクラという場所を意識することが大切です。キャバクラでは清楚さよりも女性らしさのほうが重要視されるので、ナチュラルメイクではなくやや濃いめのメイクで面接に行きましょう。極端に濃くしてしまうと服との釣り合いがとれなくなるので、やりすぎはNGです。
お店によっては面接後に体入ができるところもあるので、そのまま仕事に入っても大丈夫なメイクをして行くと、仕事に対する意識の高さを評価してもらえます。
 
メイクはナチュラルよりはやや濃いめがおすすめ

キャバクラでは、面接の印象がとても重要になります。
自分史上一番可愛い姿を作り上げて、自信をもって面接に臨みましょう。