女性のためのナイトワーク求人、キャバクラ・ガールズバーで働くならキャバクラウン!

キャバクラの体入でもらえるお給料っていくらくらい?

キャバクラの体入でもらえるお給料っていくらくらい?

キャバクラのキャストとして働くときには、本入店の前に体験入店(体入)をしてお試しをするのが一般的です。体入の日ももちろんお給料が発生しますが、実際のところ体入ではいくらぐらいのお給料がもらえるのでしょうか?
体入とはいえ、せっかく働くのであれば高収入を得たいと思うのは当然のことです。
そこで今回は、体入のお給料相場や給与システムについてご紹介いたします。

キャバクラの体入でもらえるお給料の額は?

キャバクラの体入でもらえるお給料は、地域や店舗によって大きく異なります。
地方のキャバクラの体入時給は1500~2000円程度が相場になっていますが、都内の繁華街ならば3000~4000円というお店もあります。
また、高級店の多いエリアなら体入時給が5000円前後という場合も。体入を2~3時間するだけで、1万円以上のお給料をゲットすることも可能なのです。
また最近では、朝キャバや昼キャバといった形態のお店も増えています。深夜までの勤務を避けて昼間にゆっくり働きたいという方には朝キャバや昼キャバもオススメですが、夜の営業に比べると時給は安めに設定されています。

体入で稼ぐためのポイントは?

体入の場合、本入店よりもやや安い時給設定になっているお店もあります。
体入で少しでもお金を稼ぎたいという場合は、体入時給が高い高級店を選ぶのが一般的ですが、高級店ではドレスやヘアメイクにお金がかかりがちな傾向にあります。
ドレスやヘアメイク代がお給料から引かれ、実際に受け取った額を見てみると、実質的には一般的なお店と同じ給料だった……というケースは珍しくありません。
せっかく衣装やヘアメイクをバッチリ決めて体入をするのなら、短時間で帰るよりも5時間以上働いたほうがおトクですよね。体入時給が高いお店ほど、少し頑張って長時間勤務をしてみましょう。
また、多くのキャバクラでは、基本の時給に加えて指名やドリンクバックによるボーナスももらえます。体入の日であっても、場内指名やドリンクバックをお給料に反映してくれるお店もある一方、体入ではボーナスを与えていないというお店もあります。
指名やドリンクバックのシステムはお店によって異なるので、面接のときに確認しておきましょう。

キャバクラ体入時のお給料計算システムは?

キャバクラのお給料は、基本的には「時給×勤務時間」で計算できます。
ただし、ほとんどのお店で源泉徴収や雑費を引いているので、実際に受け取れるお給料は時給×勤務時間で算出した金額よりもやや少なくなります。
一般的には、源泉徴収が10%、ほかにヘアメイク代や衣装代(クリーニング代)、送迎代などが引かれます。ヘアメイクや衣装代は、ひとつずつは500~1000円程度が一般的ですが、実際にさまざまな雑費を引かれるとお給料の額がかなり少なくなってしまうこともあるので注意しましょう。
また、帰りの際に送迎を使うときにも、500~1000円程度のお金が必要になる場合があります。終電までに体入を終わりにするなどの工夫も必要です。

キャバクラ体入時のお給料計算システムは?

キャバクラの体入では、お店の雰囲気をチェックできる上、初日からお給料を受け取れるというのも嬉しいポイントです。キャバクラの体入をするときには、時給や勤務時間のほか、お給料のシステムについてもきちんと確認しておきましょう。