女性のためのナイトワーク求人、キャバクラ・ガールズバーで働くならキャバクラウン!

ナイトワークの求人で長所と短所を伝える方法とは

ナイトワークの経験がない方にとって、実際に働くあなた自身の長所と短所というものがどのような影響を与えるのかを考えたことはありますか?
「こんな私だからナイトワークに向いている」と感じる方もいれば、「こんな私だからナイトワークに向いていない」と感じてしまう方もいるはずです。
しかし、あなたの長所はもちろん、短所でさえも仕事をするうえでは魅力として伝えていくことができます。
では、ナイトワーク求人に応募する際の長所と短所の伝え方を具体的に紹介します。

キャバクラの仕事の基本
テレビドラマなどでテーマとして取り上げられることも多い「キャバクラ」というお仕事は、
お客様と会話を楽しむ、お客様にお酒をつくり提供する、といったことが基本的な仕事です。
他に細かなものとしては、おしぼりを渡したり灰皿を交換したり、テーブルの片づけといったことも含まれますが、いずれも経験を積めば一通り覚えられる仕事内容です。
しかし、お客様との会話は一番難しいことであり、ナイトワーク求人の基本と言えども苦労する方も多くいます。
お客様によってトークテーマを頭の中でチョイスしなければならず、多くの知識が必要になります。

接客業での経験を語り長所を伝える
過去に接客業の経験がある方は接客業の経験を長所として伝えましょう。これまでにさまざまなお客様のご対応をしてきた中で、すべてのお客様が必ずしも良いお客様ばかりではなかったのではないでしょうか。
いわゆる「困ったお客様」が来たときに、あなたはどのような接客をしましたか?
ナイトワークも同様に対応に困るお客様が来店されることもあります。そのため、過去に経験した対処法について例を挙げて説明すれば具体性が増し、面接時に好印象を与えます。

短所を長所に変換可能
あなたにとっては短所と感じるものでも、長所に換えて個性として伝えることができます。

例えば、
・優柔不断 → さまざまな観点から物事を見ることができ、熟考できる
・おおざっぱ → 細かなことは気にしない
・能天気 → 明るく前向きに考えられる
・こだわりが強い → 自分の個性を確立している
・気が弱い → 人に対して優しさを持っている

というように、逆転の発想を持つことが重要です。
以上のことを”リフレーミングの法則”と言い、考え方次第であなたがとても魅力的な女性になれます。しかし、大切なのは「自分がどういう人間か」ということを客観的に見ることができるかどうかです。今一度自分自身を見つめなおし、欠点を美点に変換しましょう。

意欲があれば短所でも好印象に
しかし、短所を魅力にかえて伝えるということは難しいと考える方もいます。
そのため、ウィークポイントでも良い印象に感じてもらえるように努力を惜しまないということも方法のひとつです。
慣れないナイトワークを一生懸命こなしている方が多少の失敗をしても、「頑張っているんだな」と好意的に見られます。
キャバ嬢として意欲をもって働くことが、あなたのウィークポイントもチャームポイントにすることができます。

自分自身を知ることが大切
自分の良いところと悪いところをきちんと把握することが、魅力ある人間への第一歩です。
ただし、短所をそのままにせず前向きな気持ちを持ち、逆転の発想で良い面へと変換して活かしてみることが大事です。
また、あなたの周りにいるポジティブな人から良い影響を受けるということも刺激になるのでおすすめです。
求人の自己紹介欄にしっかりとアピールできるよう、あなた自身を見つめなおしてみましょう。