女性のためのナイトワーク求人、キャバクラ・ガールズバーで働くならキャバクラウン!

キャバクラの求人で有利な資格とは

求人に応募する際、資格を取得していると資格を取得していない方に比べて有利になる場合があります。ではキャバクラ求人に応募するとき、必要な資格はあるのでしょうか?
実際のところ、必ず持っておかなければならない資格というものはありません。
また、この資格を持っているから有利になる、採用されやすいというものもほとんどありません。
しかし、求人欄にも「資格不問」と書かれているとは言え、キャバクラの仕事にはいろいろな知識が必要とされます。
ここではキャバクラで仕事をする上で有利になる知識を中心に紹介します。応募前の参考にしてください。

お酒に関する知識
キャバクラは、お酒を楽しむ場所です。バーで働くようにカクテルなどを作ることはありませんが、水割りなどのお酒はキャバ嬢自らがお客様に提供します。
そのため、お酒に関する知識は豊富であればあるほど仕事がしやすくなります。
例えば、日本酒の「利き酒師」や「酒匠(さかしょう)」、ワイン専門の「ソムリエ」などのお酒に特化した民間資格もあり、取得していると会話が盛り上がることにもばり面接時に有利になる場合もあります。とはいえ「お酒が好き」という気持ちがあれば知識もどんどん増えていくため、働き始めてからでも間に合います。

語学に堪能
日本語以外の言語が話せるということは大きな強みになります。
近年は日本にたくさんの外国人が来日しており、観光客も含めると年間数千万人と言われるほどです。
だからこそ、語学に自信があるのであれば外国人客が来たときにあなたのスキルを最大限に活かすことが可能なことを伝えましょう。
特に即戦力になる言語は、下記になります。
・英語
・中国語
会話のレベルが高ければ高いほど重宝され、外国語が話せるということで外国人客に優先的に接客することができるため利益にもつながります。求人によっては、「外国語が話せる人優遇」というワードもよく見かけるほど需要が高まっており、働くうえでも有利です。

経済や心理学の知識
キャバクラのお客様の中には重役や役職の付いたサラリーマンをはじめ会社を経営している方も多くいらっしゃいます。
経済や心理学、時事ニュースといった分野に長けているとお話が非常に盛り上がり、次の指名につながります。
キャバ嬢の多くはこれらの勉強を積極的に行っている方が多く、それだけお客様のニーズが高いという表れになっているのではないでしょうか。
日々新聞をすみずみまで読む、ニュースで為替や株の値動きをきちんと把握しておくなど、意識を高く持つ心がけをおすすめします。これらも求人応募の際にアピールすると良いでしょう。

スポーツの知識
男性はスポーツが好きという方も多数います。
女性は興味がない方がいるかもしれませんが、キャバクラで働く際の話題作りのためにネットニュースなどで情報を入手しておきましょう。
無難なものとしては、
・野球(プロ野球)
・サッカー
・オリンピックやスポーツの大会
といったものがあげられます。
住んでいる地域の球団やサッカーチームの情報をおさえましょう。オリンピックや大きな大会の話題はスポーツにそれほど興味がないお客様でも動向をチェックしている方が多いので間違いなく盛り上がることができます。

男性の好きそうな話題は必ずチェックする
お客様はキャバ嬢とのトークを楽しむためにキャバクラに来店されます。
楽しい話題を提供できるよう、話の引き出しはたくさん持っておくことは大切です。
日々さまざまなアンテナを張って楽しい話題になりそうなことをどんどん収集していきましょう。
キャバクラの仕事をスムーズに進めていくには、勉強を惜しまないことです。特に必要な資格がないキャバクラのお仕事だからこそ、知識によって差が生まれます。ネットや新聞だけの情報ではなく、一つのテーマの知識を深く勉強することもおすすめです。

男性がキャバクラに行く理由を知っておくとさらに仕事に役立ちます。理由についてはこちらの記事でも詳しく説明しています。

【Vol.12】男性がキャバクラへ行く理由