女性のためのナイトワーク求人、キャバクラ・ガールズバーで働くならキャバクラウン!

キャバクラのweb応募の正しい書き方とは

最近の求人媒体は、携帯やパソコンからWeb応募できるようになりました。しかし、日常で何気なく使う携帯やパソコンだからとWeb応募の際何も気にせずに書いていませんか?
もちろん、人手不足のため、雇う側も気軽に応募してほしいという考えからWebで募集しているのですが、意識せずに入力をしていると場合によってはふざけている悪い印象に取られてしまうこともあるため注意しなければなりません。
ここでは、キャバクラの求人を例に、Web応募の正しい書き方についてお伝えします。

なぜキャバクラで仕事をしたいのか
キャバクラは、一般的なアルバイトと比べて、時給が高めに設定されています。
そのため、応募の際は「時給が高いところで働きたい」「稼ぎたい」という理由をはっきりと明記することが大切です。もちろん、接客業が好き、社交的な性格を活かしたいという理由などもよいでしょう。
キャバクラの場合は、書き方を工夫するよりも素直な気持ちを記入することが好印象につながります。

自己PRで得意分野をアピール
自己PRでは、あなたの魅力や得意なことをどんどん書いてアピールしましょう。
人と会話することが好き、接客業に従事してきた経験がある、お酒が強いといった内容も有利です。
それ以外でも、あなた自身が感じている”自分の強み”を、積極的に、そして一言ではなく具体的に書きましょう。読むだけであなたがどのような人物なのか伝わるようにしっかりと売り込むことを意識するのがポイントです。

誤字脱字がないかを確認
あなたのweb応募した内容を読む相手のことを考えてください。読みやすい文章で誤字脱字に気を付けるのは基本です。
特にスマホで求人サイトからする応募する場合、誤字脱字が増える傾向にあります。
変換ミスや書き間違い、誤字脱字は、送信前に何度も読み直すことで防ぐことができるため、必ず意識して確認しましょう。少しの手間で相手の印象を大きく変えることができます。また、「ですます調」で統一するということも重要です。
「だ、である調」という書き方はややかたいイメージを持たれることが多く、キャバクラの求人の際には不向きになります。

顔写真もチェック
ついつい手軽だからとスマホで撮影したスナップ写真を選んでいませんか?
簡単なWeb応募とは言え、一般的な求人の応募と違いはないため、履歴書に添付するときと同様にきちんとした写真を選んでください。撮影時の服装は、最も好ましいものはスーツですが、白いブラウスなどの清潔感のあるものがよいでしょう。身なりが整っていれば、スマホで撮影した写真でも構いませんが、写真を加工することはおすすめできません。

面接したいと思ってもらえるように書く
Web応募は、履歴書にあたるものであるため、最低限のマナーを守って書くことは大切ですが、何より、相手に面接をしたいと思ってもらえる内容にすることが一番大切です。
文面だけですべてを伝えられることはありませんが、「実際に会って話を聞いてみたい」「雇いたい」と感じさせることはできます。実際に会ってもらえるよう=面接したいと思わせるような文章作りがポイントです。
たくさん来ている応募の中から選ばれる内容となるとハードルが高くなるかもしれませんが、難しく考える必要はありません。
嘘を書かない、キャバクラという仕事であなたの特性を活かすことができるということを伝えてみてください。