女性のためのナイトワーク求人、キャバクラ・ガールズバーで働くならキャバクラウン!

上手におねだりしてドリンクバックをゲットするコツ

上手におねだりしてドリンクバックをゲットするコツ
 
新人などまだ指名の少ないキャバ嬢にとって、ドリンクバックは毎月のお給料を左右する大事な収入源ですよね。でもお客様にどうやっておねだりすれば良いのかわからない…と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。そこで、今回はお客様にドリンクを上手におねだりするコツを紹介します。

まずは場を盛り上げることが大切

 
キャバクラに来るお客様は、女の子と楽しくお酒が飲みたい方がほとんどです。そのためドリンクをいただくための近道は、お客様を楽しませること。席について話もほとんどしていない状態でドリンクをお願いされては、あまり良い顔をしないお客様も少なくありません。しばらく会話を楽しんで盛り上がってきたところで、ドリンクを頼んでいいか聞いてみましょう。
また、会話を盛り上げるためにはお客様を持ち上げることが大切です。男性は褒められると嬉しいもの。会話の中でさりげなく褒めて、お客様を良い気分にさせちゃいましょう。ただし、明らかにわかるお世辞や、おだてすぎには注意が必要です。

おねだりの仕方

 
ある程度会話が進み、お客様の気分が良くなってきたところでドリンクのおねだりをしてみましょう。「(よろしければ)ドリンクをいただいてもいいですか?」や「一緒に飲んでもいいですか?」などのように聞くのがおすすめです。
もしドリンクをいただけた場合は、お礼の言葉はきちんと言いましょう。いただいたドリンクを飲んで「美味しい」や「嬉しい」などの感想を言うのもお客様が喜ぶためおすすめです。お客様への感謝の気持ちを少しオーバーなくらいに表現して、好感度アップも狙いましょう。また、ドリンクをいただけたからといって、次々に頼まれるとお客様も引いてしまうもの。できるだけお客様と飲むペースをあわせて頼むのが良いでしょう。

もしも断られたら?

 
ドリンクをおねだりしても、断られる時はたまにはありますよね。断られたらショックですが、態度に出してしまってはお客様も気分が良くありません。明るく楽しく接客を続けましょう。断られても変わらない接客をして、お客様を楽しませましょう。もし気に入っていただければドリンクや、次回に指名をいただけることも。
断られた場合、しつこくおねだりをするのはおすすめできません。しかし、女の子に可愛くおねだりされたくて断っている場合もあります。軽い感じや笑顔で「だめ」と断るお客様は「ええーお願い!飲みたーい」と可愛くお願いすればドリンクを出してくれる場合も多いので、一度試してみてください。

もしも断られたら?

今回は、上手にドリンクをおねだりするコツを紹介しました。指名や同伴をいただくのはなかなか難しいもの。しかしドリンクのおねだりであれば、比較的ハードルも低く、新人のキャバ嬢であってもチャレンジしやすいのではないでしょうか。ぜひ参考にしてみてください。