女性のためのナイトワーク求人、キャバクラ・ガールズバーで働くならキャバクラウン!

周りのキャバ嬢と差をつけよう! 美しい名刺の作り方や渡し方とは?

周りのキャバ嬢と差をつけよう! 美しい名刺の作り方や渡し方とは?
 
名刺は、お客様にキャバ嬢としての自分を売り込む第一歩。名刺を渡して名前を覚えてもらえば当日のうちに場内指名をいただけることもありますし、別の日に本指名してもらえることもあります。
周囲のキャバ嬢に差をつける、ステキな名刺の渡し方を紹介します。

キャバ嬢の名刺ってどう活用すべき?

 
フリーのお客様は何人ものキャバ嬢と会話するものですし、さらにお酒を飲んでいます。そのため、名前だけを印象付けることも簡単ではありません。

そんなときに活躍してくれるのが、キャバ嬢の名刺です。
名前を覚えてもらうためにも、その日ついたお客様には最初の挨拶時に名刺を渡しておきたいもの。お客様から名刺をいただくこともあり、そこから会話を広げていけば話も盛り上がります。
ただし、ヘルプでついたお客様に名刺を渡すのはNGです。既に指名のキャバ嬢がいるお客様に名刺を渡すのはトラブルにつながるので避けましょう。

どんな名刺を作ったらいいの?

 
高級感のある洗練されたデザインの名刺を作れば、お客様の印象に残りやすくなります。顔写真入りの名刺や箔押しの名刺、和紙やラミネート紙の名刺を作るというキャバ嬢もいます。
一般OL風の名刺を作るというキャバ嬢も最近増えています。彼女や奥さんがいる男性の場合、キラキラ名刺を持ち帰るとトラブルが起きることもありますが、普通の名刺ならバレにくいので保管しやすいのです。
名刺を作成するときには、周囲や裏に書き込める余白を作っておきましょう。連絡先を書き込むだけでなく「今度ごはんに連れてって♪」とか「また来てね」など、ひとことメッセージを書き込むのも喜ばれます。

名刺を2種類用意しておくテクニック

 
名刺を作るときに迷うのが、携帯番号やメアド、LINEアカウントなどを書いておくかどうかという点ですよね。連絡先の入った名刺と、源氏名や店名のみの名刺の2種類を用意しておくのがオススメです。
連絡先のない名刺を渡したあとに会話が盛り上がった場合には、席を立つ前に名刺に連絡先を手書きしましょう。このときに「他の人には教えてないんだけど、特別ね」などと声をかけるのがポイントです。
お客様が多く忙しい日には連絡先入りの名刺をどんどん渡すなど、2種類の名刺を上手に使い分けてみましょう。

名刺を2種類用意しておくテクニック

キャバ嬢にとって名刺の交換は大切な営業の第一歩です。お客様の印象に残るような名刺を作成し、初対面のお客様にどんどん名刺を渡して営業していきましょう。