女性のためのナイトワーク求人、キャバクラ・ガールズバーで働くならキャバクラウン!

ナイトワークで悪質な店を見抜くには? NG店の特徴5つ

ナイトワークで悪質な店を見抜くには? NG店の特徴5つ

 
水商売の世界には、優良店から違法な悪質店まで、さまざまなお店があるため気を付けたいもの。ナイトワークを始めるのなら、お店選びがとても大切です。
では、どのような視点でお店を選ぶと失敗せずに楽しく働くことができるのでしょうか。
悪質なNG店を見抜くためにも、NG店に共通する特徴をチェックしてみましょう。

悪質なお店をしっかり見抜く! NG店の特徴5つ

 
1.ホームページの情報が少ないお店
ホームページというのはお店の顔であり、お客さんを集めるための重要なツールでもあるため、繁盛しているナイトワークのお店はホームページ作りに力を入れています。
しかし、お店のサイトが用意されていなかったり、サイトの内容が薄いようなお店の場合、コロコロと業態を変えるなどマトモな営業をしていない可能性が考えられます。
面接を受ける前にはお店のホームページをチェックして、内容がしっかりとしているか見てみるようにしましょう。

2.面接時に身分証の提示を求めないお店
18歳未満はナイトワークでは雇うことができないため、まともなお店であれば面接で入念に年齢チェックをするはずです。
免許証やパスポートなどの提示を求められなかったということは、18歳未満の人を働かせている可能性があるということ。こういった法律違反が横行している可能性があるお店で働くのは、リスクが高いので避けましょう。

3.ボーイや店長が横柄なお店
お店に応募の電話をするときや面接のとき、体験入店のときなどに、店長やボーイの様子をよく観察しておきましょう。スタッフが不親切で横柄な態度を取るようなお店は、働きにくいことがほとんどです。
一方、店長やボーイが気さくで紳士的ならキャストも働きやすいですし、お客さんのリピート率も自然とアップするため、お店の売上がいいことまで予想できます。

4.給与システムが分かりにくいお店
ナイトワークをする上で最も大切なのは、やはり「いくら稼げるか」という点ですよね。
入店時には、給与システムについてきちんと確認しておきましょう。時給やボーナスのほか、ヘアメイクなどで引かれるお金についても聞いておくことが大切です。
また、源泉徴収は10%以上引かれないはずなので、それ以上引かれている場合にはお店の収入にされてしまっている可能性があります。このように女の子からお金をだまし取るようなお店は避けましょう。

5.ペナルティや罰金の多いお店
遅刻や欠勤に対して罰金などのペナルティを決めているお店もありますが、インフルエンザや忌引など、どうしても出勤不可という場合でも罰金を課せられるお店には要注意。
時には、お給料よりも罰金の額のほうが大きくなってしまうケースもあります。
優良店は罰金が比較的少ないものなので、さまざまなお店のシステムをじっくり比べてみましょう。
 
ナイトワークで悪質な店を見抜くには? NG店の特徴5つ

NG店を避け、安心して気持ちよく働けるお店を探すためには、情報収集が必要不可欠です。インターネットや口コミで情報を集めたり、体験入店や派遣システムを利用したりと、上手に優良店を探すのがおすすめです。
お店選びは慎重に行って、楽しくナイトワークに励みましょう!