女性のためのナイトワーク求人、キャバクラ・ガールズバーで働くならキャバクラウン!

【ナイトワークの種類】キャバクラやクラブの違いって?

【ナイトワークの種類】キャバクラやクラブの違いって?
 
ナイトワークにはさまざまな種類があり、どんなお店を選んだら良いのかと迷ってしまう女性も少なくありません。
イメージだけで働くお店を決めてしまった場合、「こんなはずじゃなかった……」と働き方に不満を覚えてしまうこともあるでしょう。
自分に合ったお店を見つけるためにも、ナイトワークの種類をきちんとチェックしておくことが大切です。

キャバクラ

 
ナイトワークで最もメジャーな業態といえば、キャバクラでしょう。
一般的に18歳から30歳ぐらいまでの女性キャストが、お客様の席を移動しながら1:1のフランクな接客をおこないます。
お店によって給料体系はさまざまですが、時給に加えて指名やオーダー、延長、売上、同伴、ボトル、ドリンクなどが女性キャストの手当に反映されるのが一般的です。
朝や昼間に営業する朝キャバ・昼キャバや、コスプレで接客するコスキャバなど、少し変わった趣向を凝らすお店もあります。
キャバクラの業態をとるお店はかなり多いので、「しっかり稼ぎたい」「楽しく働きたい」など自分の要望に合ったお店を探しやすいのが嬉しい点だといえます。

ガールズバー

 
【ナイトワークの種類】キャバクラやクラブの違いって?

ガールズバーは、女性スタッフがバーテンダーとして勤務します。基本はカウンター越しの接客で、お客様の隣に座ることはありません。
スポーツバーやコスプレバーなど、個性的なコンセプトを設けているガールズバーも数多くあります。時給の他にお客様のオーダーによるドリンクバックが、女性スタッフのお給料に反映されることが多いです。

高級クラブ

 
高級クラブは、キャバクラやガールズバーよりも高級路線の接客飲食店です。銀座や六本木といった限られた地域にあるのがほとんどです。会員制になっていて政財界などセレブのお客様が多いのが特徴といえます。その分、女性キャストには、ハイレベルな容姿や資質が求められます。
キャバクラとは違い、ホステスは担当するお客様に固定でつくシステムなので、お客様がついていない女性は稼ぐのが難しいでしょう。

スナック

 
軽食を提供するバーで、常連さんやご近所さんなども来店する気さくな雰囲気が大きな特徴です。お客様の年齢層はやや高めで、30代〜50代ぐらいの女性がカウンター越しに接客をする、安心感のある雰囲気が魅力です。

ラウンジ

 
ラウンジは定義があいまいなところが多く、お店によって形態も大きく異なります。ホテル内にあるラウンジは、バーのような形態をとっていることが多い一方、夜の街のなかにあるようなラウンジは、キャバクラのようなシステムとなっていることがほとんどです。この場合、キャバクラのような指名制ではなく担当制であること、男性客は会員制のため一見さんはNGであること、女性キャストはキャバクラほど着飾る必要がないことが多いでしょう。

ラウンジには「待合室」という意味があることからも、基本的に店内でゆっくりとお酒を楽しむ場であることがほとんどです。
ラウンジはお店によってサービス内容が異なるため、面接時などにどういった形態のお店なのか、お触りはあるのか、コスプレはあるのか、ノルマはどの程度なのかなどきちんと説明を受けることが大切です。

ナイトワークはその種類によって給料や仕事内容、待遇にかなりの違いがあります。
自分にはどんなお店が向いているのか、どんな風に働きたいのかをじっくり考えて、最適なお店を選んでください。