女性のためのナイトワーク求人、キャバクラ・ガールズバーで働くならキャバクラウン!

キャバ嬢と育児を両立するコツは?

キャバ嬢と育児を両立するコツは?
 
現在、キャバ嬢の仕事をしながら育児をするシングルマザーは少なくありません。収入が多く見込めるナイトワークは、シングルマザーにとってありがたいお仕事。
しかし一方で、育児をしながらナイトワークで働くのはとても大変なのも事実です。
そこで今回は、キャバ嬢と育児を両立するためのコツをご紹介します。

育児の際は親族を頼る

 
頼ることができる親族が近くにいるときは、面倒を見ることができるか前もって確認しておくことが大切です。特に子どもが風邪をひいたときなどは、1人でお家に置いておくのは不安です。
「保育料として1日○○円払う」という取り決めをすれば、育児をお願いするこちらとしても気持ちが軽くなります。

託児所付きのキャバクラを見つける

 
近年では託児所と提携していたり、託児所の利用料金の一部を負担したりするシステムを導入しているお店もあります。ただし、実際はこのようなシステムを導入しているお店はまだまだ少なく、なかには単に託児所を紹介するだけのケースもあります。

子どもに不自由な思いをさせないためにも、まずは「どのような託児所なのか」「どのような保育士が働いているのか」を事前に見学することが大切です。

24時間営業している託児所を見つける

 
一般的な託児所よりも高額になりますが、24時間営業している託児所もあります。このような託児所であればナイトワークでも気兼ねなく預けることができるので安心です。ただ、まだまだ数が少ないため、託児所の近くにお店を変えるといった対応が必要になる場合もあるでしょう。

朝キャバや昼キャバで働く

 
夜キャバよりも稼げるお金は少なくなりますが、育児をしながらでも働きやすいのが朝キャバや昼キャバです。夜間に子どもを1人にする心配もなくなりますし、勤務時間や出勤日を比較的調整しやすい、ノルマがないところが多い、というメリットもあります。

シフトは少なめに入れる

 
キャバ嬢と育児を両立するコツは?

ナイトワークをしているシングルマザーで特に大変なのは、子どもが風邪をひいたときでも仕事を休みづらいことです。ナイトワーク業界では、育児の大変さを理解する環境ができ上がっていません。そのため、いくら子どもが体調不良であっても当日欠勤は嫌われる傾向にあります。

そのため、前もって入れるシフトを少なめにしておくことが大切です。子どもが健康なときに入れる回数を伝えるのではなく、子どもが風邪をひいたりしても仕事に出られる回数を伝えておくようにしましょう。時給は下がってしまいますが、当日欠勤を減らせることができるのでお店とトラブルになりにくいというメリットがあります。
そして、余裕があるときだけシフトを増やすようにしましょう。

ナイトワークをしながらの子育ては楽ではありませんが、不可能でもありません。
育児と両立するためにはお店の都合を考えてシフトを組んだり、自分の働き方や子どもの預け方を考えて気持ち良く働ける環境を作り上げることが大切です。