女性のためのナイトワーク求人、キャバクラ・ガールズバーで働くならキャバクラウン!

キャバ嬢が二日酔いしないためには? 二日酔い対策5つ

キャバ嬢が二日酔いしないためには? 二日酔い対策5つ
 
キャバ嬢として働く以上、お酒と上手に付き合っていく必要があります。しかし、お客様にお酒をすすめられたりした際は断ることが難しく、気をつけていても場合によっては二日酔いになってしまう場合もあるでしょう。二日酔いは体に良くないだけでなく、二日酔いのせいで遅刻や欠勤してはお給料にも響きます。
そこで今回は、キャバ嬢が二日酔いしないための対策法を5つご紹介します。

キャバ嬢のための二日酔い対策5つ

 
キャバ嬢が二日酔いしないためには? 二日酔い対策5つ
お酒を飲んでもアルコールがきちんと分解されれば、二日酔いになることはありません。しかし、飲んだお酒の量が多かったりすると肝臓がアルコールを分解しきれなくなってしまいます。その結果体内に有害物質であるアセトアルデヒドが残り、吐き気や胸やけ、頭痛、体のだるさなどを引き起こしてしまうのです。
二日酔いを避けるには、アルコールがきちんと分解できるように体調を整えたり、摂取するアルコール量をセーブすることが大切です。
分解できるアルコール量には個人差があるので、周囲に惑わされることなくきちんと自分の限界を知っておくと良いでしょう。

1.摂取するアルコール量を抑える

基本ですが、そもそものアルコール摂取量を抑えることが大切です。割り物でアルコール度数を低くしたり、ソフトドリンクを飲む回数を増やしてアルコールの摂取量自体を抑えるようにしてください。
キャバ嬢のお酒の割り物にはトマトジュースがおすすめ。トマトジュースをお酒と同時に飲むことでアルコールが分解されやすくなるという報告があります。

2.時間をかけて飲む

一気飲みは避けて時間をかけて少しずつ飲むようにしてください。酔いが回るまでには30分〜1時間ほどかかるといわれているので、飲んだ量と酔いの程度には誤差がでてきます。「まだ大丈夫」だと思っていても体内にはまだ吸収されていないアルコールがあるため、飲み終わった後でも酔いがひどくなる恐れがあります。
理想としては、飲んだ量と自分の体調を判断できる状態をキープすることです。

3.空腹で飲まない

空腹状態のままお酒を飲んでしまうと、吸収が早まり酔いやすくなってしまいます。
出勤前には、チーズや牛乳などの乳製品や肉や魚などのたんぱく質などを食べておくのがおすすめ。たんぱく質には肝臓の働きを助ける働きがあるので、二日酔いになりにくくしてくれます。
また、キャバクラにあるおつまみではナッツ類などもおすすめです。

4.水分を摂取する

お酒を飲むと脱水症状になりやすいので積極的に水分をとるようにしましょう。アルコールを分解するためには水分が欠かせません。できれば、お酒と水分を交互にとるようにしてください。カフェインが含まれているお茶やコーヒーではなく、水やスポーツドリンクを選ぶと効率良く水分補給ができます。
スポーツドリンクはアルコールの分解を助ける成分が含まれているので、特におすすめです。冷たすぎる水分は体を冷やして内臓の働きを低下させる恐れがあるので、スポーツドリンクなら常温のものを、温かいものであればスープやお茶などを選ぶようにしてください。

5.二日酔い防止のサプリメントやドリンクを飲む

お酒を飲む前に、肝臓の働きを助けてくれるサプリメントやドリンクなどを飲むのもひとつの方法です。ただし、効果には個人差があるので自分に合ったものを見つけることが欠かせません。
アセトアルデヒドの分解をサポートしてくれる成分にはビタミンB・Cやナイアシンなどもあります。「二日酔い防止」の謳い文句が書かれていなくてもこれらの成分が入っているサプリメントなどを試してみるのも良いでしょう。

二日酔いの程度を抑えられるようになれば、キャバ嬢の仕事もやりやすくなるはず。
ご紹介した方法を実践して、自分の体を労わりながら気持ち良くお仕事してくださいね!