女性のためのナイトワーク求人、キャバクラ・ガールズバーで働くならキャバクラウン!

稼げるキャバ嬢になるためのLINEテクニック3つ

稼げるキャバ嬢になるためのLINEテクニック3つ

お客様の来店につなげるため、営業LINEにいそしむキャバ嬢は多いです。
でも「なかなか来店してくれない」「私の営業LINEに問題があるのかな」など、成果が出ないことに不安を覚えるキャバ嬢も少なくありません。
稼げるキャバ嬢になるためのLINEテクニックを学び、営業LINE方法を見直しましょう!

稼げるキャバ嬢のLINEテクニック1;サラリーマンのお客様なら送る時間帯に注意

 
稼げるキャバ嬢になるためのLINEテクニック3つ

サラリーマンのお客様にLINEを送る場合は、仕事の邪魔にならない時間に送ることが一番大切なテクニックです。

例えば、平日ならお昼休みの時間帯に送るようにしましょう。12〜13時あたりを狙って、「最近風邪流行っているみたいだよ。○○さんも無理しないでね」など体を労わる内容のLINEを送ってみてはいかがでしょうか。
また、「今日は頑張って料理してみた!○○さんはお昼何食べた?」といったように、近況を報告しつつも最後は質問で締めくくることで返信率がアップします。

また、ポイントとなるのは一週間の仕事始めとなる月曜日の朝。お客様の「今週もまた仕事……」と弱っているところに、癒し内容のLINEを送るように心がけましょう。
「おはよう!今日も頑張ってね!」といった内容や、あなたの声のボイスメッセージを送るのもおすすめです。

稼げるキャバ嬢のLINEテクニック2;特別感をアピール

 
いかにも営業と思わせる内容のLINEはNGです。「お店に来てね」といった文言を使ってしまいがちですが、これでは男性のハートを打ち抜けません。

大切なのは特別感。2人だけの呼び名やあだ名を作ったり、「休日は何しているの? 知りたいな」といったようにお客様自身に興味があることを伝えましょう。ただし既婚者の場合は家族に内緒でキャバクラに通っていることも多いので、あらかじめLINEを送って良い曜日や時間を聞き出しておくと安心です。

また、お客様が仕事で忙しそうな場合は「いつでも話を聞くよ!」「私は○○さんの味方!」といったように、お客様を全面で支えるアピールをするのも大切です。

稼げるキャバ嬢のLINEテクニック2;LINEスタンプやコメント、ゲームを活用する

 
LINEはさまざまな機能があるのが魅力。
そのひとつがスタンプ。「体に気をつけてね」「おはよう」というメッセージから「すごい!」「尊敬!」などの感情を表現するさまざまなスタンプがあり、メッセージが淡泊にならずに済みます。あなたのキャラクターに合ったスタンプを揃えると良いでしょう。
また、お客様と「これお気に入りなの!同じスタンプ使わない?」など会話のきっかけにもなります。

さらに、タイムラインを活用しているお客様なら、そこにコメントするのもおすすめ。自分だけに向けたメッセージになるのでちゃんと見てくれていると感じられますし、お客様からの返信ももらいやすくなります。同伴でお食事の約束をしている場合は、「お食事楽しみ」などをあえてタイムラインのコメントで伝えるのもありです。

また、お客様のなかにはLINEのゲームにハマっている方も。そんな時は、同じゲームをやって「ここ難しい!」「こんな点数でたよ!」といったようにこちらからLINEを送るネタを作りやすくなります。また、ゲームの順位も分かるのでお客様も一緒に楽しんでいる感覚を味わいやすくなるでしょう。

稼げるキャバ嬢はLINEでこのようなテクニックを駆使して自分の魅力を少しずつ伝えて、会いたくなるように仕向けているのです。お客様との駆け引きを上手く行い、お客様が追いたくなるキャバ嬢を目指しましょう。