女性のためのナイトワーク求人、キャバクラ・ガールズバーで働くならキャバクラウン!

キャバクラ

●キャバクラについて
漫画やドラマでキャバ嬢が主人公の作品が出てくるなど、キャバクラという業種の認知度は以前に比べてかなり高くなりました。大学生のアルバイトの選択肢としても認知されるキャバクラでのお仕事。自分はキャバ嬢に向いているのかな…と不安なコは、体験入店からお仕事をはじめましょう。(体験入店ガイドはこちら!→)

キャバクラで働く女の子の年齢層は30代未満が圧倒的、なかでも18〜24までの年齢の女の子が多く、またお客様からの需要も多いです。
客層はお仕事帰りのサラリーマンがほとんどです。会話の内容よりも、女の子と楽しくお酒が飲みたい!というお客様が、多くお店にやってきます。

衣装はドレスが一般的です。ドレスは胸元や背中が大きく開いていたり、サイドに深くスリットが入っているものが多いです。露出度が高めなので、ボディケアにも気を遣うとよいでしょう。お店によってはストールを羽織っての接客がOKだったり、スーツ出勤のところもあります。また季節のイベントに応じてコスチュームを着ることもあります。

●お給料、経費について
お給料の制度は時給制と歩合制を組み合わせたところと、完全歩合制、完全時給制があります。新人保証として最初の数ヶ月は時給制からスタートし、そのあと歩合制を取り入れる店舗も多いです。
キャバクラでは多かれ少なかれ、歩合制度があるところがほとんどです。一般的な時給制のアルバイトと異なり、時給以上に沢山稼ぐことが可能なので、実力をつけてどんどんお給料をアップさせましょう。

女の子の頑張り(売上や同伴など)に対しては「バック」があり、お給料に反映されます。人気が出てナンバーに入るとご褒美があったりと、さらに厚待遇も望めます。

ヘアメイクはお店専属のヘアメイク担当にお願いできることも。そうでなければ近隣の美容室でセットして出勤します。ドレスはお店で貸してもらえる場合と、自分で購入して用意する場合があります。どちらもキャバクラで働くのに必要な身だしなみです。ヘアメイク・ドレスレンタルの有無と、メイク代・レンタル代の有無は、働く前にお店に確認しましょう。”ヘアメイク無料”、”ドレスレンタル無料”のお店もたくさんあります。

ラストまで働くと、終電が無くなる時間になります。そんな時、送りがあるお店なら安心です。”送り無料”だとさらに嬉しいですね。

●お酒について
お客様が飲むお酒は、基本的に女の子が作ります。お客様の好みのお酒・飲み方を覚えておくのもサービスの一つです。
お客様に勧められてカクテルなどをご馳走になるケースもあります。その場合は席についたままボーイを呼んで、お酒を注文します。

お酒については、必ずしも沢山飲まなくてはいけないということはありません。飲むのが苦手なら無理をせず、ソフトドリンクでもOK。
トークや気遣いなど得意な事でお客様にあなたを印象づけることも大切です。もちろん、お酒を飲むのが好きな場合には飲みキャラとして人気を得ることができます。