女性のためのナイトワーク求人、キャバクラ・ガールズバーで働くならキャバクラウン!

面接アポの取り方 メール編

最近は便利な時代になりましたね。インターネットは世界を繋ぎ、離れている友人たちとも密にコミュニケーションが取れる便利なツールですが、直接の交流も忘れてはいけないと思います。同じ時間を同じ場所で過ごすこと…それを提供するのがキャバクラなのではないでしょうか…。

こんにちは。黒川です。 メールだけでなく、SNSで文字によるコミュニケーションを取る機会が増えています。黒川は「電話で話したほうが早いだろう」と思うタイプですが、近頃は面接のアポ取りをメールやLINEですませることもあるようです。時代ですねえ。そこで、今回は2回に分けて面接のアポイントの取り方についてお話ししたいと思います。まずは「メールの書き方」です。

 

◆文章だけでは伝わらないものがある

メールの良さは、時間を選ばなくていいことでしょう。送っておいて、相手の都合のいいときに返信してもらえばいいですからね。ただ、文面に気をつけないと読んでもらえず、最悪返信すらないという状況に陥ることも…。文章だけではあなたの人間性はほとんど伝わらないと考え、最低限のマナーを守ってメールを書きましょう。面接はここから始まります。

 

◆タメ口、ギャル文字はやめましょう

お友達以外にメールを送ることがないのかもしれませんが、タメ口やギャル文字は厳禁! 受け取る求人担当者によっては「馬鹿にされてる?」と感じる場合があります。「ぁたし」は「私」、「こんにちゎ」は「こんにちは」にしましょう。ほかにも、(^_^)といった顔文字、書くことはないと思いますが「www」も「なめてるのか?」と思われます。自分より立場が上の人には、基本的に使用しないことです。

 

◆文面は簡潔に

書く内容は簡潔にしましょう。「あいさつ」「求人を見た媒体」「応募の意思」「面接希望日」は必ず入れるといいでしょう。たとえば… …………………………………………………………………………………………………………

採用ご担当者様 はじめまして。◯◯と申します。 キャバクラウンの求人を拝見し、ぜひ面接にうかがいたいと思い、ご連絡いたしました。 面接は◯月◯日、×月×日、△月△日のいずれかでお願いしたいと思っております。 ぜひ、面接の機会をいただければうれしいです。 どうぞよろしくお願いいたします。

…………………………………………………………………………………………………………

面接希望日は複数挙げましょう。日にちを選んでもらい、「◯月◯日のこの時間に面接しましょう」という返信に「お礼のメール」を返せば、メールの往復が少なくてすみます。いつ返してもいいメールとはいえ、求人担当者も忙しい場合があるので、配慮できるとベターです。

メールはとても手軽ですが、相手の顔が見えない分、何が失礼になるかわかりません。採用担当者がどんな性格でも失礼にならない文章にしたいものです。書き終えたら誤字脱字はないか何度も確認して送るようにしましょうね。 それでは、次回「電話のかけ方」でお会いしましょう。