女性のためのナイトワーク求人、キャバクラ・ガールズバーで働くならキャバクラウン!

面接日に遅刻をしてしまったら

キャバクラウンでお仕事をお探し中の女の子、
こんにちは。黒川です。

あなたはお友達との待ち合わせなどで時間を守れるタイプですか? 

お友達関係なら「ごめんなさい」のひと言で許されるかもしれませんが、
お仕事関係ではどんなに素晴らしいスキルを持っていても、
時間にルーズな人はキャバクラに限らず、まず信用されません

これは断言しておきます。

面接日に遅刻をしてしまったら、
採用されない可能性が非常に高いです。

それを前提として、本日は「面接日に遅刻してしまった時」のことをお話ししましょう。

◆遅刻かもしれないと思った時点で電話連絡

「寝坊した」「電車が遅れた」「道に迷った」等々、
遅刻をしてしまう理由はさまざまです。

過ちを犯さない人間なんていません。

失敗をしてしまった時ほど、
それをカバーする対応を心がけなければいけません。

まずは「これはもう遅刻かもしれない!」と思った時点で
面接希望のお店に電話連絡を入れましょう。

リミットは約束の時間の5〜10分前まで。
どの程度の遅刻になるかも伝えられたらベスト!

「遅刻かもしれない」と思ってから
「でも間に合うかもしれない」という考えで連絡しないのは甘い考えです。

「間に合うと思ったんです」なんて言い訳は
「このコは時間を読めないコなんだな」と
面接担当者は冷ややかに見ているものです。

逆に「間に合わないかもしれない」という連絡が来たけど間に合ったなら、
面接担当者も「がんばって来てくれたんだなあ」と感心することがあります。

ほんのちょっとの差で心証が変わるものなんですよ。

電話連絡の際、遅刻の理由を「寝坊した」と正直に言ってしまうのはNGです。

嘘も方便です。

交通機関の遅れを理由にしましょう。

◆遅刻して採用されないからと言ってバックレるのNG!

「どうせ採用されないから…」と考えて、
面接自体をすっぽかすのはやめましょう。

この業界はどこで繋がっているか分かりません。

大きいお店だと姉妹店、グループ店がたくさんあります。

違うお店だけど面接担当者は同じ、なんてこともあるかもしれませんよ…。

礼儀を尽くしすぎても損はしません。

丁寧な対応を心がけましょう。

◆到着したらまず謝罪

お店に到着したら、まずは遅れたことについて
頭を下げて謝罪しましょう。

あなたの誠実さを伝えるのです。

何故、遅刻がいけないことか分かりますか?

面接担当者はあなたのために時間を割いています。

その日に面接を受ける人もあなただけではないかもしれません。

あなたが遅れることで、
面接担当者と同僚になるかもしれない女の子のスケジュールを
変えてしまっているかもしれないのです。

「あなたが遅刻しなければ必要なかった」スケジュール変更を余儀なくされているのです。

想像すれば悪いことをしたなと思うでしょう? 

そうです、その申し訳ないという気持ちを心から伝えましょう。

私は誠実な女性とお仕事がしたいですねえ。

余談ですが、私の知り合いで時間ギリギリに到着して、
面接担当者と顔を合わせるやいなや、思い切りよく
「遅れて申し訳ありませんでした!」と頭を下げたら、
「あなたみたいな人がほしい!」と元気のよさを評価され
採用に至った女性を知っています。

たまたまお店の雰囲気とマッチングしたんでしょうね。

冒頭で遅刻したら採用されない確率は高いと申し上げましたが、
面接担当者はあなたの飾らない人柄を見たいと思っているものです。

あなたがお店でどのように働いてくれるかをイメージしたいので、
うまくいけば誠実さをアピールできるチャンスでもあるのです。

ピンチをチャンスに変えるのはあなた次第。

それでは面接、がんばってくださいね。