女性のためのナイトワーク求人、キャバクラ・ガールズバーで働くならキャバクラウン!

サイトを使った営業方法

営業用のブログにお店のHP、求人サイト、キャバ嬢動画etc.……と、キャバクラ業界もネットを使った営業がすっかり定番に。近隣だけでなく、全国のキャバクラの様子やキャバ嬢たちのプロフィールも見られるので、テキトーに作っていてはもったいない!「お客様の興味をひくプロフィールは?」「どんなグラビア写真が好まれる?」今回はサイトを使った営業方法のコツを伝授しますね。

まずはプロフィールの書き方から。差支えがないならば出身地を前面に出してアピールしましょう。特に地方の人は正直に書くことで、同じ出身地の方から声をかけてもらえたり、「出張で行った」「旅行で訪れた」なんて会話が膨らみやすいもの。さらに自己PRやコメント欄にも「飲みにきんしゃい」なんて方言を出すと喜ばれます。またお客様の中には血液型に強いこだわりを持っている人もいるので、明記しておくと便利かも。「A型だけどO型っぽいって言われます♪」なんて血液型トークを盛り込むのもいいかもしれません。コメントひとつとっても気が抜けませんが、男心を思いっきりくすぐっちゃいましょう(笑)。

次にグラビア写真ですが、定番のドレスからコスプレまで変化に富んだ衣装でささやかな男性の夢をかなえてあげましょう。グラビア写真の定番はやはりドレス。普段のお店での顔をアピールしましょう。次に挑戦したいのがドレス以外の衣装。自分の強みである自慢のパーツを惜しまずにアピールしたり、反対に別の路線にチャレンジしたりと挑戦をしましょう。壇蜜さんのようにセクシーな妖艶さを出したいなど、カメラマンと相談してみるものいいかも。カメラワークと編集技術で多少のコンプレックスも誤魔化すことができますよ!

撮影を重ねるうちに、奇跡の1枚というほどにうまく盛れた写真が撮れるもの。その1枚にこだわり続けるよりも、季節感を出したりこまめに衣装を変えたりするのも目をひくコツです。ドレス姿が多いので花魁風などの和テイストに挑戦してみるのも新鮮。変化に富んだ姿をみせるのもお客様を飽きさせないテクニックのひとつ。全国どこからでもアクセスされる可能性があるので、後悔のないようにベストショットを選びましょう。

お客様だけでなく、キャストにとっても見ごたえのあるキャバクラサイト。ヘアスタイルやドレス姿をチェックするのも楽しいですし、コメント欄も勉強になります。同業者の偵察がてらチェックして、オリジナリティを見出していきましょう。