女性のためのナイトワーク求人、キャバクラ・ガールズバーで働くならキャバクラウン!

面接にふさわしい服装

ずっと家にいる場合、エアコンをこまめに消すのと、朝からつけっぱなしにするのでは、つけっぱなしにして、充分冷えたら除湿運転にするほうが節電になるのだそうですよ。電気代も上がりましたし、熱中症も怖いのでエアコンを賢く活用したいですね。

こんにちは。黒川です。

本日は、面接にふさわしいファッションについてお話ししましょう。どんな面接でも、大切なのは「清潔感」です。キャバクラの面接にスーツを着る必要はありませんが、あなたの人柄が表れる服装が求められます。

◆女性らしさをアピールしよう
面接に行くお店の雰囲気にもよりますが、女性らしい服装をこころがけましょう。パンツスタイルよりはスカートのほうが好印象です。華やかな雰囲気の服装を心がけるといいでしょう。履物は、スニーカーやサンダル、汚れの目立つ靴はNG。当たり前のことかもしれませんが、服装に合った靴を選びましょう。

◆ボサボサ髪はNG
ヘアスタイルも重要です。ボサボサの髪では清潔感がありません。ヘアカラーやパーマで痛んだ髪の毛も面接担当者は見ています。髪が痛んでいる時はまとめ髪にしてしまえば、多少は目立たなくなりますよ。

◆ナチュラルメイクでOK!
夜のお仕事だからといって、必要以上に濃いメイクをする必要はありません。アイメイクやチーク、リップなどは、血色をよく見せる色がオススメです。あなたを美しく見せる普段通りのメイクで面接に臨みましょう。しかしながら、ノーメイクは論外です。

ネイルアートをする場合は、はみ出していたり剥げていたりしないか確認を。その際もブラックなどインパクトの強い色は避けましょう。

全体的に言えることは、手抜きは禁物です。キャバクラで働く上で大切なのは、自分自身の美意識をどのように表現していくかです。お客様は男性で、女の子に夢を見ているもの。あなたをすみずみまで観察することでしょう。その夢を壊さず、美しさを保てる女の子が求められています。

あなたの個性とお店のカラーがマッチするかも採用基準なので、お店の雰囲気を見極めるのも大切です。若いギャル系を採用したいのか、落ち着きのあるお姉さん系を採用したいのかでも、ファッションによるアプローチの仕方は違ってくることでしょう。

私たち採用担当者が一番見たいものは、あなたの「やる気」です。面接時のファッションは、あなたのやる気を表現する手段だとお考えください。

それでは、面接がんばってくださいね!