体験入店時給もわかりやすく検索。高収入でかわいいお仕事がしたい女のコのための求人サイトです♪

HOME掲載申し込みよくある質問

かわいいお仕事探しはキャバクラウン

キャバクラ求人Top > コラム > 現役キャバクラ嬢如月あんなの夜のメモ帳 > お酒が苦手でも大丈夫!お客様からの勧めてくれた時の対応

【Vol.27】お酒が苦手でも大丈夫!お客様からの勧めてくれた時の対応


お酒が弱くてすぐに酔ってしまうので、できれば飲みたくないという人もいるかもしれません。しかしそんな自分の気持ちとは裏腹に、お客様の方からお酒を進めていただくことも多いもの。会話が盛り上がっている時にお酒を断るわけにもいかず、売上にもつながることとあってなかなかの悩みどころ。
しかし実際にクラブのママさんでもお酒が一滴も飲めないという方もいらっしゃいます。水商売はお酒が飲めなくてもできる仕事なのです。

「お酒が飲めない」をはじめ、掛け持ちならば「学校だから」「仕事だから」を理由にしては相手もしらけてしまいます。そんな時に活用できるテクを参考にしてみてください。

その1 ノンアルコールカクテルを作ってもらう。
あらかじめボーイさんにお願いしておき、自分のオーダーの際にはノンアルコールカクテルを作ってもらうようにお願いしているキャバ嬢もかなりいます。

その2 さりげなくソフトドリンクをオーダーする
ボトルの場合は、一杯いただくついでにソフトドリンクをおねだり。飲んでいる雰囲気が醸せるので便利です。

その3 重たい印象を与えず、かつ明確な理由をつけてお断りする
しっかり断る場合も時には必要ですが、お客様に気を遣わせない配慮が必要です。例えば「今日歯医者で麻酔されたの…」なんてライトな仮病をつかうのも手。あまり重たい内容だとしらけてしまうので注意。

お酒が苦手な人でも工夫しだいで水商売は成立しますので、無理をして飲むことだけは絶対に禁物です。商いのことを「あきない」(飽きが来ない)、商売のことを「笑売」ともじることがありますが、お客様や自分が楽しいと思える場所には人が集まってくるものです。水商売も「水笑売」と考えて、楽しいトークを繰り広げる、お客様の話に一生懸命耳を傾ける、手相や顔相占いを学んで会話に活かすなど、楽しい時間を提供できる工夫をすれば大丈夫です。お酒を飲まない代わりにできることを探してみましょう。