体験入店時給もわかりやすく検索。高収入でかわいいお仕事がしたい女のコのための求人サイトです♪

HOME掲載申し込みよくある質問

かわいいお仕事探しはキャバクラウン

キャバクラ求人Top > コラム > 現役キャバクラ嬢如月あんなの夜のメモ帳 > ネイル、美容院、エステ、脱毛などの美容代、ドレス代の節約方法

【Vol.26】ネイル、美容院、エステ、脱毛などの美容代、ドレス代の節約方法

ネイルにヘアメイク、ドレスとお店に出るために自分に磨きをかける人も多いはず。お客様もお手入れが行き届いた女性を求めて来店されますので、期待は裏切りたくないもの。実際にナンバー1クラスの女性たちは、こまめにエステ通いなどで自分磨きをしています。しかし美容にかかる費用は上をみたらキリがありません。うまくやりくりしたいところですよね。

ネイルはいっそのこと派手目なものをやめて、清潔感のあるフレンチネイルにするのもあり。爪が伸びても気づかれないという特典付き(笑)クーポンを利用するのも手ですが、駆け出しのネイリストがハンドモデルを募集していることもあるので検索してみると驚くほど安くあがります。ネイルサロンのホームページ、SNSなどでも募集していますよ。主婦が昼間だけやっていることもあって、時間帯がマッチしているのでとても便利です(笑)

次にドレス。できればたくさん揃えたいところですが、まずはベーシックなものを用意してアクセサリーで華やかにするのもおすすめです。照明を少し落とした店内なので、フェイクでもあまり目立ちません。目立つものを何セットか用意しておくと便利です。ドレスを友達と交換するのも手ですが、タバコの火が落ちたり、ワインでシミがついてしまったりとトラブルがつきもの。自前のものをローテーションさせるほうが安上がりかも。駅の地下街やネット通販に激安ドレスが販売されていますので探してみてください。

逆に手を抜くとよくないのがヘアメイク。自分でセットするからという人もいますが、やはりプロのセットにはかないません。貧乏臭さが漂うよれよれのセットではお客様もこれ以上お金を支払おうとは思いません。かけるところと節約するところのメリハリをしっかりつけるようにしましょう。

美容代はクーポンとネットを駆使すればかなり安くおさえられますからその手間は惜しまないでいたいもの。ひとつひとつを時給に換算すると金銭感覚を失わずにいられるので実践してみてください。


著者紹介

如月あんな

如月あんな
(キサラギアンナ)

19歳で上京し、歌舞伎町のキャバクラで働き始める。入店3ヶ月でNo.2になり、水商売の楽しさを見いだす。また、負けず嫌いで真面目な性格から、「絶対にNo.1になる」と、さまざまな営業方法を試みる。23歳の現在――、六本木のキャバクラでついにNo.1に。これまでの営業のやり方をもとに、はじめてのエッセイを執筆。